読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろいはなび

twitterでは手狭に感じてきたのでブログを始めてみました。

J-vloggerに学ぶ語学学習法

最近話題のユーチューバーのなかでも外国人が日本を紹介する動画を作っているひとたちがいて、そのジャンルがJ-vloggerというらしいです。それほどたくさんのチャンネルを知っているわけではないのですが、わたしが登録しているのは、mimeisharlaなのですが、(youtubeのチャンネル登録はtwitterのフォローと違ってかなり厳選してます)これなどはバイラルメディアで有名になったりしていましたね。たくさんの方が投稿していてとてもバリエーションが豊富です。

 

(余談ですが、英語に興味のあるわたしは去年のプロモーションでプッシュされていたバイリンガールを見ていたのですが、どうもわたしには合わなかったようで数本の動画を見ると嫌になってしまいました。どうも彼女の動画を好きになれませんでした)

 

彼らの動画を見ていて、どのように日本語を習得したのか、ということはやはりみなさんの関心事のようでで、日本語の勉強法についての動画はたくさんあがっています。

 

彼らは日本の文化が大好きで、多くはアニメなどのオタクカルチャーであったり、映画であったり、J-POPであったり、日本のテレビであったりします。彼らは日本に対する興味関心が高いのでスポンジのように吸収しています。また彼らは日本に対する興味から学校で日本語の授業を受けていますが、基本的な文法やひらがな、かたかなを数年間学んだだけという方が多いようです。そして彼らは日本語で動画を作ったり、日本に留学をして日本語環境のなかに身を置いていたりしています。ようは、習うより慣れろ、みたいな感じの方がyoutuberには多いみたいだと感じました。

 

自分自身どうして英語の勉強をしているのかと言ったら、それは英語の文献をもう少し気軽に読みたい、ネットの英語情報にもう少し心理的障壁が低く接することができればたくさんの有益な情報を得られる、洋画が好きなのでもう少し英語が分かれば深い理解ができると言った感じなので、英会話の部分はばっさり切り落としても構わないかな、と思っていたのですが、どうやら違うようです。

 

しかし、わたしは生来引っ込み思案な性格で、英語話者はとてもアグレッシブでオープンマインドな印象がありはっきり言って恐怖の対象であったりします。だから本当に別に英語を使って外国人とコミュニケーションを取ろうなんて露とも思いません。

だから自分が英語を使うということを想定していなかったのですが、英語を使うことによって飛躍的に語学力を底上げできそうだなあ、と思いました。

 

なにか対策を講じなければ。